住宅ローン金利の大きな落とし穴 | 野田市、流山市、柏市の新築戸建てのことならおうちさがしの「家.s」株式会社YES

ようこそ
  • 住宅ローン金利の大きな落とし穴

    マイホームさがしをする場合、実際に住む家の事ばかりに気持ちが先行していないでしょうか。

    確かにこれから未来と夢と希望を託すマイホームですので、わくわくする気持ちになるのは

    ある意味当然の心情であります。

     

    しかし、世の中のおおよそ90%の方たちが利用すると言われている「住宅ローン」に大きな落とし穴が

    あることをご存知でしょうか。

    この住宅ローンの組み方、組む時期をひとつ間違えると、のちのちの返済に大きく影響をしてまいります。

     

    自己資金が多いのに返済総額が変わらない?

    例えば近年では、戦後最安値とも言われている『住宅ローン金利』。

    ではいったいどれほどの差が生じているのか、具体的に数字を使って表してみましょう。
    30歳で住宅を購入したAさんと、25歳で購入したBさんの場合で見比べてみましょう。

     

    自己資金の差と住宅ローン金利の差

    お気づきでしょうか。

    自己資金が400万円も違うにもかかわらず、AさんとBさんのトータル返済額に大きな変化はありません。

     

    Aさんはこつこつと自己資金を貯めてマイホームを取得しました。

    しかし住宅ローン借入時期のタイミングが悪く、住宅ローン金利が高めに・・・
    Bさんは知人の勧めで、早めにマイホームを持とうと決意をしました。

    自己資金も少ないながらも、住宅ローン金利が有利に働きました。

     

    たった『1%』の金利の変化でも、住宅ローンの場合は大きな負担にも節約にもなります。

     

     

    返済総額はほとんど同じですが・・・

    先程のAさんとBさんの例では、自己資金に400万円の違いがあるにもかかわらず、金利の違いで

    返済総額は15万円しか違わないことをご覧いただきました。

    返済総額が変わらないなら今でなくても・・・と思われたでしょうか?

     

    Aさんは30歳でローンを組みましたので、完済時は65歳。

    Bさんの完済時の年齢は60歳です。

    同じ35年ローンを利用していますので、当然ですがBさんの方が5年早くローンから解放されることになります。

    また、Aさんが住宅を購入するまでの5年間に賃貸を利用していたとしたらどうでしょう。

    仮に家賃と駐車場で8万円の賃貸を利用していた場合、5年間で480万円(+契約更新料)の出費となります。

    もちろんこのほかに、5年間で住宅購入資金400万円を目指した貯蓄もしなければなりません。

     

    住宅ローンの開始時期による差

    今現在の収支から考えていかがでしょうか。

    早くマイホームを持つことだけがすべてではありませんが、『いかに無駄な出費を抑えながら夢を叶えるか』

    を模索するのもひとつの手ではないでしょうか?

     

    自己資金が少なくても大丈夫?

    近年では、物件購入価格に対して100%借入できる住宅ローンも数多く存在しており、マイホーム取得に

    かかわる諸経費(仲介手数料、固定資産税、印紙代、登記費用など)についても、住宅ローンと併せて

    借入することが可能です。※審査状況によります

     

    こつこつ頭金を貯めるのも確かに大切なことではありますが、その間に住宅ローン金利が上昇してしまえば、

    結局は水の泡に・・・

    自己資金や諸経費・金利についてよくわからなくて心配という方、YESのスタッフに是非ご相談ください!

まずはお問い合わせください
物件探しをお手伝いいたします!
  • 来店予約・お問い合わせ
物件探しをお手伝いいたします!
LINE@で友達に!
ブログ
チラシ掲載物件

店舗紹介

一建設様に表彰頂きました!
平成28年度下期
関東販売実績第3位

株式会社YES

店舗写真1

千葉県 野田市 堤根114-10
千葉県知事(2)第16252号
フリーダイヤル : 0120-25-8181
TEL : 04-7126-3151
FAX : 04-7126-3152
営業時間 : 10:00~20:00
定休日 : 年中無休
※お電話・メールいつでもご相談ください!

会社概要
アクセス

野田市、流山市、柏市の新築戸建てならおうちさがしの「家.s」(株式会社YES)にお任せください!

株式会社YESの社名には、様々な想いが込められております。YESとは否定ではなく、肯定の意味で使用される言葉です。 お客様からお寄せいただくご意見やご希望を頭ごなしに否定するのではなく、その言葉の真意をきちんと理解するよう精励し、お客様の立場に合わせ自社の拘りを持ちご対応をいたします。

また、屋号で使用している『家.s』は、幅広い不動産のお取り扱いを意味いたします。

ディナーご招待
スタッフ紹介
選ばれる理由

お役立ちコンテンツ

LINEスタンプ
webでお問い合わせ
QRコード